究極の片思いファンタジー [ウルトラミラクルラブストーリー]まとめサイト

どんなラストが待っているのか?!

純粋なまでに一途に陽人は町子先生のことが大好きで、両思いになりたいと恋心を抱きます。そして持ち前の子供のように自由な言動で、町子先生にまとわりついていれば、それはちょっと・・となってしまいます。陽人を演じている松山ケンイチさんも、演じている中で監督からの指示で「ここにへばりついて!」とか「後ろ向きに走って」という演出に、えっ??と思うようなことがかなりありました。

究極に面白い映画

ミラクル?というタイトル

そこで思ったのが「考えてはダメだ。陽人は考えながら行動しているんじゃないから。」と思ったとか。陽人はかなりの変わり者で、子供の頃だったら「困った子ね~」ですむのが、立派な青年という年齢だけに「困ったねぇ~」では済まされないのが世の中ですが、それでも陽人は子供のようにそのままを生きてきて、町子先生に出会って『好き』という感情が芽生えたのでしょう。

ウルトラミラクルラブストーリーの『ミラクル』は、映画の中盤あたりで陽人がキャベツ畑に埋められて以降から、話の展開は「ミラクル」または「ファンタジー」へとなっていきます。

おさえておきたいマツケン作品

ホームページのペナルティ解除をするにはまずペナルティ内容の分析から始まり、リンク解除作業やリンク非承認の送信、再審査リクエストの送信とやることいっぱい!お困りでしたらそらいろ https://sorairo-inc.co.jp/backlink.htmlまでお気軽にご相談ください。

ネタバレ全開

太から祖母の仏壇から取ってきたお金で農薬を買って、自宅へ帰ってきた陽人は農薬を思いっきり浴びて前のとっても礼儀正しい好青年になろうとします。そして、町子の働く幼稚園に行き一緒に帰ります。そして帰り道で町子は熱心に生物の進化について陽人相手に話をしているその最中に、再び陽人を吐き気が襲いってしゃがみこんでしまいます。このままだと吐いてしまう・・・と、陽人は町子を先に帰宅させてバレないように嘔吐します。

町子が自宅にいる時に、町子の携帯電話鳴りました。着信をみると表示は公衆電話になっています。町子はてっきり要からの電話だと思って、電話に出ますが電話の相手は一方的に話し続けてくる陽人の声でした。陽人は電話で心臓が止りそうになっていることを一生懸命に町子に伝えます。

陽人が町子へ電話をかけた公衆電話は三沢病院でした。三沢病院で診察を受けている陽人は、心臓の音がほとんど聞こえてきません。そんな中陽人は大好きな町子に電話をかけて「自分の心臓がほとんど止っていること」を伝えて「町子先生と結婚して一緒に住みたい」ということを話ます。陽人からの電話を受けた町子はというと、かなり動揺しながらも「結婚することはできない」と陽人に断わるのでした。

以前の陽人のように、はしゃぎながら道を歩いていると、首がない男の要とすれ違います。陽人はすれ違った男が、要だとすぐに気がつき声をかけて陽人と要は他愛もない話をします。そして別れ際に陽人は要から靴をもらいます。

夜に三沢病院で陽人の心臓が停止して、陽人の死亡が確認されました。

翌日、いつものように陽人は農作業をしています。町子が陽人の胸に耳を当てて、心音を確認してみると、陽人の心音は聞こえません。そして足元を見ると、要の靴を陽人が履いていることに気がつきます。 農作業をしている陽人を見て、子ども達は「ゾンビ!!」と思いっきりからかいます。そして町子はというと、今まで陽人に接してきた態度ではない接し方になり、陽人と一緒に暮らし始めます。そして陽人の汚いガラクタばかりの家をキチンと掃除をして、日々の陽人の体調をメモし始めます。陽人の体調はというと・・・、食事どころかなにも食べ物を口にしません。そしてウンチもでません。

そして数週間後、東京へ陽人は検査をするために町子・太と一緒に向かいますが、東京へ行く途中でで帰ってしまいます。町子は陽人の家へいきますが、そこで町子は陽人が農薬を浴びるのを見つけて、「死んじゃうじゃないーーーー!!」とやめさせて怒ります。

朝の森の中を陽人と町子が歩いている中で、陽人は町子に町子先生に好きになってもらって、結婚して一緒に暮らしたいという話をします。そうするためには薬が必要で、その薬が農薬なんだということを話します。陽人の言葉に「なるべく、今までと同じように一緒に暮らすから、農薬なんかに頼らないで欲しい」ということを町子が話すと、陽人はもう大喜びで駆け出し行きます。

駆け出していった陽人は、通りかかった猟師に熊と間違えられて撃たれしまい射殺されてしまいます。として陽人のお葬式となりました。葬式の場で、誰も涙を流していません。そして町子はというと、お葬式には参列せずに陽人の祖母もつがひとりで畑を耕している様子をみて、もつに声を掛けてお話します。そのうちどんどんたくさんの子ども達が、もつの耕す畑へとやってきてとても立派に育っている野菜を収穫し始めるのでした。

町子は陽人が暮らしていた部屋を訪れて、テープレコーダーを再生します。テープレコーダーには陽人がテープに野菜の育て方を吹き込んでいます。野菜の育て方を聞きながら、ふと壁にあるホワイトボードに目をやると、陽人の汚い字で“自分が死んだら脳みそを町子先生にあげる”と書いてあります。

ある日のこと、子ども達と一緒に森の中を町子と子ども達が歩いています。町子のリュックサックの中には、ホルマリン漬けにしてある陽人の脳みそが瓶に入っています。森の中でとっても元気よくはしゃぐ子ども達。そして森の中でみんなで輪になって座って、輪の中の真ん中に脳みそが入っている瓶を置きます。町子はカミサマから教えられたとおりに「耳を澄ませてみましょう~」と言うと、どこからかテープレコーダーと同じ陽人の声が聞こえてきました。

突然、茂みの中から熊が現れます。子ども達の身を守るため、そして町子自身を熊から守るためでしょうか。町子は熊に向かってホルマリン漬けの瓶を空けて、陽人の脳みそを熊にめがけて投げつけます。熊はムシャムシャと投げられてきた脳みそを食べますが、熊の食べている様子をみて町子は微笑み映画は終わります。

片思いしてるあなたへ
人気資格として男女関係なく、社会に出た際に役立つと言われ続けている秘書検定。 こちらをお持ちでなくても秘書求人にはご応募できます、必要なのはあなたが秘書として覚悟ができるかどうか、です!

究極の片思いファンタジー [ウルトラミラクルラブストーリー]まとめサイト
注目映画情報